Les misérables | 紫陽庵 casina d'ortensia
備忘録とギリシア語とラテン語とイタリア語と英語とフランス語 appunti e lingue straniere
RECOMMEND

Material : shepe

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


2014.09.23 Tuesday - -
Les misérables

 最初見たかったドイツ映画が時間があわず、もう終わったかと思ってたらまだやっていたので観てみた。
こういう話題になってたのを映画館で観るのは久しぶりだなあ。

随分、涙脆めなので、ぼろぼろ泣ける。
しかし、映画としてはあんまりどうでもいい感じ。人物の行動が唐突すぎてついて行きにくい。まあ、筋は皆さん知ってますよね、ということで作っていると思われるので、行動に唐突感が漂っても押し切れるということだろうな。
歌ってるところに焦点が当たるので、感情の高まりの場面をぶつぶつ見てるような感じ。

アン・ハサウィイは、天国に行ったら、髪も取り戻しても良かっただろうに。
大きな目の顔は決して嫌いでないのだけど、なぜかフランスっぽくないなあなどと思った。英語の時点で、そんな不満を持ってどうすると言われればそれまでか。
個人的には、もう少し鼻先が上をつんと向いているような感じで、エマニュエル・べアールみたいなのの方がしっくりくる。『見いだされた時』に出てた。

言語的に言えば、原作ドイツ語、舞台フランス語、映画は英語でっていう『パフューム』っていうのもあったな。今ググったら、ドイツ、フランス、スペイン合作だって。偏らせずに英語でってことになったわけか。グラースが舞台の一つになってた。

原作を読みたくなった。岩波文庫で何冊位あるんだっけ。探してみよう。
プルーストには訳が幾つもあるけど、こちらはどうだろう。ユーゴーは日本にはあまり研究者がいないらしいが。
2013.03.23 Saturday 18:14 映画-cinema-cinema comments(0)
スポンサーサイト


2014.09.23 Tuesday - -
Comment