フィニ展 | 紫陽庵 casina d'ortensia
備忘録とギリシア語とラテン語とイタリア語と英語とフランス語 appunti e lingue straniere
RECOMMEND

Material : shepe

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


2014.09.23 Tuesday - -
フィニ展

フィニ展に行ってきました。
大阪に出向いていたので、嬉々嬉々と☆

レオノール・フィニ。
つい十年ほど前まで生きていた、なにやら魔女のような人です。



東京でたまたまポスターを見かけて以来、見たい、見たいと思っていたのでした。地域というか美術館(東京ではbunkamura、大阪では梅田大丸)によって、ポスターも全く違うもので、bunkamura のポスター「守護神スフィンクス」は、大きく引き延ばされていたこともあってかなり印象が強烈でした。

守護神スフィンクス(1946)


この作品は、実際見てみると思い描いていたよりも小さな作品で、それほどのインパクトはなかった。

うーん。大きさって結構影響するのね・・・。


私が惹かれたのは、「沐浴する女たち」

沐浴する女たち(1972)


ほかにも、女性が柔らかく(ちょっとエロティックに)描かれた作品がよいです。「あいだ」もよいよ。


年代ごとに画風の変遷が四つに分けられてたどられていて、上の二つは、その三つ目の「エロティシズム」にくくられた作品群に属するのだけど、それに先行する「鉱物の時代」にも、同じような柔らかな作品がありました(「蔓穂蘭」)。


・・・たぶん、要するに、女の子が好きなのです(笑)。



でも、第二期(「シュルレアリスム」)の、「骸骨の天使」も「守護神スフィンクス」に並んで、割に好きです。



そしてこわいのが、晩年の作品、「誰?」・・・。
こわいよぅ(涙)。夢に出てきそうだよぅ。

誰?


絵だけでなく、舞台演出を手がけたり、小説も書いていますが、主に絵画作品展。物としては、仮面(!)やオペラ衣装が展示されてましたです。

絵はがきもたくさん入手、もちろん図録も抱きしめて帰宅♪


よかったら、そのうちお目にかけますね〜。

2005.09.12 Monday 23:16 美術-arte-arts comments(2)
スポンサーサイト


2014.09.23 Tuesday - -
Comment

やっぱりその最後の「誰?」って作品、以上に怖いわ。




怖い。

hilarious 2005.09.2005/09/17 09:58


怖いだろぅ〜(なぜか自慢)。


タイトルが怖さを煽ってるよね。



ahirucci 2005.09.2005/09/17 10:58