英語-inglese-english | 紫陽庵 casina d'ortensia
備忘録とギリシア語とラテン語とイタリア語と英語とフランス語 appunti e lingue straniere
RECOMMEND

Material : shepe

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


2014.09.23 Tuesday - -
翻訳バイト

 論文一本訳す。
専門のだと業績になるのになあ。

続きを読む >>
2013.03.23 Saturday 18:07 英語-inglese-english comments(0)
a thousand to one

 =まず間違いのない、きっと (weblio

cf. ten to one 十中八九

ただ、研究社リーダース英和辞典によれば、
=<俗>a thousand nuts to an orange pip
千に一つの見込みもない、ほとんど絶望的

・・・って、真逆?

私の出くわした例では、「まず間違いない」の方が意味が通る。

2011.12.28 Wednesday 09:51 英語-inglese-english comments(0)
noble savage

 よくルソーに帰せられるけど、間違っているそうだ。しかし、フランス語になると bon sauvage って、随分あっさりした感じになってしまうのが不思議。誰が訳したんだろう。
wikipedia から。

 Noble Savage first appeared in poet Dryden's heroic play, The Conquest of Granada (1672):

I am as free as nature first made man,
Ere the base laws of servitude began,
When wild in woods the noble savage ran.


続きを読む >>
2011.12.22 Thursday 22:44 英語-inglese-english comments(0)
蜂蜜を食べるより素敵なこと

 A.A. Milne
"Well," said Pooh, "what I like best," and then he had to stop and think. Because although eating honey was a very good thing to do, there was a moment just before you began to eat it which was better than when you were, but he didn't know what it was called.

「プーは言いました。『そうだねえ、僕が一番好きなのは。』それから、プーは止まって考えないといけませんでした。だって、蜂蜜を食べることはとても良いことだけど、これから食べるっていう瞬間が、食べてるときより素敵なんですから。でもプーは、それを何て呼んだらいいのかわかりませんでした。」


随分久しぶりですね。自分でびっくり。一応、生きてました。



2010.04.14 Wednesday 11:45 英語-inglese-english comments(0)
W.B. Yeats, MEN IMPROVE WITH THE YEARS

in The Wild Swans at Coole (1919)

イエーツも悪くないと思ったりして。
やっぱり、訳はいずれ(^^;)。

これから、ざる蕎麦。夏だわ。
皆さんも、buon apetito!

続きを読む >>
2008.04.30 Wednesday 12:02 英語-inglese-english comments(0)
W.B.Yeats, INTO THE TWILIGHT (1899)

W.B.Yeats, INTO THE TWILIGHT
in The Wind Among the Reeds (1899)

そのうち、訳をつけたいです(^^;)。


続きを読む >>
2008.04.28 Monday 01:12 英語-inglese-english comments(2)
エミリー・ディッキンソン 「がく一つ、はなびら一つ、とげ一つ」

Emily Dickinson (1830-86) A Sepal, Petal, and a Thorn
薔薇繋がりで、もう一つ。

続きを読む >>
2008.03.18 Tuesday 16:53 英語-inglese-english comments(2)